ヨーグルト

ヨーグルトは色々な種類を食べたほうがいいの?|腸内細菌とその構成

ヨーグルト 種類

「味が好きだから、いつも同じヨーグルトを食べてるんだけど健康効果はある?」

「なんかカラダの中には「住んでいる菌と住んでいない菌」があるって聞いたけど?」

 

ヨーグルトの中に入っている乳酸菌やビフィズス菌は、各社が販売している商品毎に菌種が違います。

また、私たちのカラダの中には数百種類以上の腸内細菌が生息していますが、人によって住んでいる菌の種類や構成が違うようになっています。

 

そのため、「1種類のヨーグルトを食べ続けるよりも、色々な種類を試してみる」のほうが、自分に合った乳酸菌を見つけやすく、より自分に合った健康効果の高い菌が見つかります。

また、色々な種類の菌を摂ったほうが「腸内細菌が活発化されて、腸内フローラが整いやすい」という利点があるため、できれば数種類のヨーグルトを食べたほうがいいですね。

自分に合ったヨーグルトは2週間食べ続けると見つかる

ヨーグルトの中に入っている乳酸菌は、ほとんどが「通過菌」と言われる、腸内には住んでいない&住み着くことができない菌です。

人間が生まれて1年ほどで、腸内に住める菌が決まってしまうため、その菌以外は「食べてもウンチとして出てしまう」という仕組みになっています。

 

ただ、ヨーグルトを2週間ほど食べ続けてみて、もし自分の腸内に住んでいた菌の場合は、それらの働きが強まるため、「他のヨーグルトを食べていた時よりも体調がいいぞ・・・?!」と自分に合ったヨーグルト(菌)を見つけることができます。

ヨーグルトの菌は寿命が長いものだと3~7日間ぐらいは腸内で生きてるので、その期間よりも長く同じヨーグルトを食べて、一つずつ自分で検証していきましょう。

乳酸菌が腸内で生きている期間は、生菌としての働きを行うため、毎日違うヨーグルトを食べていても、自分に合った「マイ乳酸菌」は見つけられないので気を付けましょう。

ただ、味やなめらかさが好きでそればっかり食べてしまう・・・という場合でも、食べたヨーグルトに入っている乳酸菌は腸内環境を整えてくれます。

嫌いなものをあえて食べ比べていた結果、ヨーグルトを食べるのが嫌になってしまった・・・では本末転倒ですよね(汗)

ヨーグルトは薬ではなく食品なので、毎日続けられることが大切なので、まずは継続できるかを優先させましょう。