乳酸菌

苦しい便秘を治すならヨーグルトよりも乳酸菌サプリを摂るべき

乳酸菌サプリメント

「便秘に悩んでいるけど、わざわざ乳酸菌サプリを飲むほどでもないかなと思ってヨーグルトを食べている」

「便秘にはヨーグルトって聞いたから毎食食べてるけど・・全然改善されなくて辛い」

こういった方がたくさんいらっしゃいますが、ヨーグルトを食べて便秘が治ったら「下剤・整腸剤」なんて必要ないですよね。

ヨーグルトは栄養バランスがいい「健康補助食品」としては優れていますが、それだけで便秘を改善できるチカラはありません。

便秘になる一番の原因は「腸内環境が悪くなって、正常な蠕動運動が行われない」ためです。(冷え・運動不足・食物繊維不足なども関係している)

腸内環境を改善するなら、ヨーグルトよりも乳酸菌サプリのほうが断然向いていますよ。

ヨーグルトよりも乳酸菌サプリのほうが便秘改善にオススメな理由

ヨーグルトには「乳酸菌・タンパク質・カルシウム・ビタミン類」などがバランスよく含まれていますが、入っている乳酸菌の数はそこまで多くありません。

ヤクルトのほうが圧倒的に多いぐらいで、ヨーグルトは健康食品ではあるけれど「便秘改善食品」ではありません。

そのため、入っている成分は「乳酸菌・食物繊維」と少ないものの、しっかりと便秘改善に必要なものが摂れる「乳酸菌サプリ」のほうが便秘対策にはオススメなのです。

 

ちなみに、ヨーグルトを便秘改善のために食べようと思ったら「1日300g~500g」ほど摂る必要があります。

また、ヨーグルトには「乳糖」が含まれているため、乳糖分解酵素(ラクターゼ)が少ない人だと「ほぼ必ず下痢になる」という弊害もあります。

 

商品にもよりますが、乳酸菌サプリなら「1日2~3粒」飲むだけで必要量が摂れます、下痢になる心配もありません。

しっかり腸に乳酸菌、または乳酸菌消化物(死菌)を届けてあげることで、ヨーグルトを食べて便秘改善するよりも数倍の効果が期待できますよー。